先輩たちの声
2~3年目 先輩インタビュー

Real Voice 私の目指す道 先輩インタビュー

●入職/
2年目
●出身地/
山梨県
●出身校/
甲府看護専門学校

代永 千紘

看護師
消化器・呼吸器科病棟

夢は在宅看護!たくさん学べる環境に感謝

自分の生まれた町でいつか在宅看護を提供するのが私の夢です。夢の実現のためには、経験を積み幅広い知識を得る必要があります。その点、今の病棟では一般的な看護知識はもちろんのこと、MSWさんと連携して退院時のサポートを行うなど、病棟だけで完結しない連続性のある看護の実践ができています。またドクターとの距離も近く医学に関することもたくさん学べます。夢の実現に向けて充実した毎日を送っています。

●入職/
2年目
●出身地/
熊本県
●出身校/
熊本市医師会看護専門学校

中島 晟孝

看護師
消化器・呼吸器科病棟

めざせ認定看護師 だけど最終目標じゃない

私は早くから救急認定看護師の取得を考えていました。しかし、勉強会やチームでの発表を通じて業務以外の知識も学ぶうちに、ERであっても幅の広い知識が必要だと考えるようになりました。認定看護師は目標の一つではありますが、まずは知識と経験を得てバランスの取れた看護師になり、それから専門性を極めていくことが実は近道であると気が付きました。職務以外にも豊富な勉強経験を与えてもらうことで考えが深まりました。

●入職/
2年目
●出身地/
福島県
●出身校/
高尾看護専門学校

三瓶 舞

看護師
循環器内科病棟

成長と共に深まってゆく私の看護観

「人間の最期の瞬間に携わる看護師は、どんな看護観をもつべきか」ずっと考えています。私は、外科から内科へ転科することでまったく違う環境を経験し看護の奥深さと懐の広さを漠然と感じました。看護観は経験とともに深まると感じ、将来は管理職や教職でなく現場に残るスペシャリストになりたいと思い始めています。私の看護師人生はまだ始まったばかりです。学びの機会を与えてくれるこの病院に感謝です。

●入職/
3年目
●出身地/
沖縄県
●出身校/
徳島文理大学

仲村 優里

看護師
眼科・耳鼻科・泌尿器科病棟

将来は管理者として教育に携わりたい

私自身、実際の現場では経験が足らず悔しい思いをすることもありますが、患者さまから感謝の手紙、お礼の言葉をいただいたときは本当に元気が湧いてきます。親身な先輩方はもちろんのこと、実践にも活きる板中の教育が私の自信につながっています。先輩の背中をみながら、私も教育者として“看護”を伝える立場になりたい!常に“やりがい”を持って働きたいと思うようになりました。