教育について
継続教育
(ラダー方式)

板中の教育の基本は、ラダー(はしご)方式を採用しています。
一人ひとりのレベルに応じて、一歩一歩、確実にスキルを身につけることが可能です。

教育理念

病院理念・看護部理念に基づいて専門職業人として、 患者さま中心の安全で質の高い看護を提供できる看護師を育成します。

教育方針

  • 専門的知識や技術を備える質の高い看護を提供できる看護師の育成
  • 自らの仕事と能力を高めるキャリア開発ができる看護師の育成
  • 豊かな社会性を備え高い看護倫理観に基づいた使命感のある看護師の育成

院内だけじゃない! 充実した研修体制

院外研修

院外の研修も積極的に行い、自身のキャリアアップをサポートする環境を整えています。

  • 日本看護協会や各都道府県看護協会
  • 大学院
  • 各種学会
  • 厚生労働省看護研修研究センター

などでの研修を通し、さらなるレベルアップを応援します。

本部研修について

新人オリジナル研修制度
(アイナースプログラム)

IMSグループが独自に確立した教育・研修プログラムです。グループで同じ基準を採用することで足並みをそろえた教育を実現します。新人教育だけでなく、教育担当者の研修やプリセプター研修、研修評価についても定めています。

ブロック研修

地域ブロック毎に合同研修を行い、専門性の違った病院と連携することで、より広い分野での研修を可能にし、基礎知識レベルの向上を図ります。 また、他院での同期と共に学ぶことで仲間が増え、連帯感や安心感が生まれるのも本部研修ならではの特徴です。