教育について
新人教育

これから看護師として働くうえで、1年目は基礎の土台を作る大切な時期。急性期病院の看護師として、集合研修とリンクさせた現場教育を強化し、実践に即した知識と技術を身につけます。

板中新人看護教育のここがポイント!!

Point 1

仲間と一緒に
板中を知る!

IMSグループ全体の新人オリエンテーションに参加。板中以外の同期との絆も生まれます。

Point 2

私たちの居場所は
ベッドサイド!

4月1日より病棟配置。患者ケアはベッドサイド(現場)にあります。

Point 3

個人に合わせた
教育指導!

先輩看護師がフォローにつき、みなさんの成長に合った教育指導をしていきます。

Point 4

質の高い研修
が受けられる!

月一回認定看護師の専門分野の研修が受けられます。

新人育成概念

新人看護師の第一歩は大切にしたい!そんな思いから当院では看護提供方式に固定チームナーシングを取り入れています。日々の看護実践において患者さまに責任を持ち、継続した質の高い看護の提供、さらに看護のやりがい感や自己実現を目指し、看護スタッフの育成を目的としています。
新人看護師の日々の看護実践はペア受け持ちとプリセプターシップによる手厚いサポートがあり安心です。チーム全体が新人看護師を育成し、さらには病棟全体で幾重にも見守る環境が整っています。
私たち先輩看護師が新人看護師に与えられるのはパワーと安心感、そして看護への熱い想いです。

4月・5月研修内容

これまで集合研修で行ってきた2か月間を、分散教育のメリットを生かして病棟単位の少人数での研修に変え、より現場に慣れるための研修期間としました。

4月 日常生活援助の再確認

4月1日配属決定 プリセプター、チーム決定

1週目はバイタルサイン測定と4項目の日常生活援助の演習(清潔援助、食事介助、排泄援助、安楽の援助)を教育担当者と一緒に新人同士で演習をします。
2週目より担当部屋を持ち、教育担当者とその日の受け持ち看護師がフォローし実際に演習した日常生活援助を患者さまに実施します。
また、見習い夜勤開始。先輩看護師とシャドーイングをすることで夜勤の流れを理解します。

5月 ペアナースシステム

先輩看護師とペアになります。先輩看護師が受け持っている患者さまを一緒にケア、看護展開していきます。毎日、フォローする先輩看護師がついて、しっかりと指導します。 また、看護技術(注射、採血、点滴管理、カテーテル挿入、経管栄養管理、喀痰吸引)を磨きます。技術を磨く前に、4月の研修にて知識や手順の確認をします。

プリセプター制度

頼もしい先輩と看護を学ぼう!

当院では、3年目の先輩看護師がプリセプターとなり、ICNESに掲げる「教える」立場になり共に看護を実践しながら指導をします。また、プリセプターだけでなく、経験を積んだ教育担当者をはじめ、先輩看護師全員でフォローしていきます。不安なこと、悩み、聞きにくいことはプリセプターに相談しましょう!

“ほっと”する時間とは?

板中オリジナルの制度である「ほっとする時間」。月に一度、同期と集まりみんなで話す時間です。
「自分はこう感じた」、「実際働いてみると…」などみんなが考える想いを共有し、リフレッシュすることができます。みんなで支え合い、ひとりではなくみんなそろって板中の看護師であることを実感することで、連帯感や絆を深める大事な時間になります。

1週間の長期休暇♪ 帰郷しましょう!

板中に入職して念願の看護師になれました。これまで看護学生として学費はもちろんのこと精神的にも大きな支えとなってくれた家族に感謝の気持ちを伝えてください。看護師としての第一歩は家族へのケアからはじまります。家族を大切にできる看護師は患者さまにも家族のようにできると考えています。もちろん、GWを使って帰郷したい、という方も希望をとります。長期休暇は7日間、その他、有給も取得できます。